寄付

バンクーバー美術館、移転計画最終案を発表 40ミリオンドルの寄付を受け

Pocket

2023年の新築移転を目指して準備を進めているバンクーバー美術館が1月23日、市内の富豪チャンファミリーから40ミリオンカナダドルの寄付を受けたと発表し、新館の最終案も公開した。(バンクーバー経済新聞)

 

 

これまで州政府の援助50ミリオンカナダドルと企業や個人からの寄付45ミリオンカナダドルを集めていた。今回の寄付で資金は135ミリオンカナダドルとなり、総工費用の350ミリオンカナダドルに向けて大きく前進した。

同館では感謝の意を表して、新館ビルを「チャンセンター・フォー・ザ・ビジュアルアーツ(Chan Centre for the Visual Arts )」と命名する。

今年末ごろ着工予定の新館はヘルツォーグ&ド・ムーロンの設計でウェストジョージア・ストリートとキャンビー・ストリートの角に建設。木材と緑を多く配し自然を感じさせる高さ70メートル、7階建てのビルで、総面積2万8800平方メートル、展示スペースは7900平方メートルとなる予定。2015年の発表時には木材を使った外観であったが、雨の多いバンクーバーの天候を考慮してガラスに変更された。

 

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190204-00000034-minkei-n_ame

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です