アメリカ心臓協会, スポーツ車, トヨタ, 寄付

トヨタ、スープラ1号車をオークションに 収益2億円寄付

Pocket

トヨタ自動車は19日、17年ぶりに復活させるスポーツ車「スープラ」の1号車を、米国で開催されたオークションに出品したと発表した。210万ドル(約2億3000万円)で落札され、収益はすべてアメリカ心臓協会などに寄付する予定だ。

スープラは後輪駆動の2ドアクーペで、米国では2019年夏から限定モデル1500台の販売を開始する。今回、オークションに出品されたのはこの1台目となる。

1978年に誕生したスープラはトヨタの旗艦スポーツ車として人気を集めた。環境意識の高まりなどから2002年に生産を休止したが、独BMWからエンジン供給を受けて新モデルを再び立ち上げることを決めた。

引用先:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO4023993020012019000000/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です