環境保全

縄文時代から続く落葉広葉樹の白神山地の森を再生しよう

Pocket

9,000年前、対馬暖流による温かい海水と偏西風が日本海で交わり、多雪の風土が白神山地というブナの森をつくりました。温帯の落葉広葉樹の森である白神山地は、森と海の文化が作り上げた結晶です。そして、白神山地というエコミュージアム(森の博物館)をつくりました。私たちは、この自然への畏敬の念を抱き、再生と循環の森の世界観を持ち、山・川・海の循環に包まれた暮らしを営々と続ける為に、山に木を植えます。

 

【プロジェクトが解決しようとしている社会課題】
今日本は、世界へ新しい秩序を求めて日本古来の伝統を捨て、雇用形態も変わりTPP(Trans-Pacific Partnership)環太平洋戦略的経済連携協定というグローバル化の中の新ルールに加わり、市場原理主義経済の中に吸い込まれようとしています。
白神山地の里、一ツ森・鬼袋・赤石地区は、白神山地の核心部分に源流を持つ赤石川流域と共に発展してきた地区です。ここに住む人々は自然への畏敬の念を頂き、再生と循環の森の世界観を持ち、山・川・海の循環に包まれた暮らしを営々と続けてきました。
かつてこの日本海は、中国・韓国の家畜・畑作・牧畜等の乾燥地帯の文明の侵攻を受けようとしましたが、13世紀のモンゴルの侵攻も、この気候変動が国土を守った歴史があります。古来、自然と共存し豊かな森を守り戦争をすることがなかった縄文人は、自然に畏敬の念を抱き、生命や家族を大切にし、森と海のそばに暮らしたと言われています。森と水の循環の持続可能な『稲作漁撈の文明』こそ、白神山地を源とする私たちは、この地区で森の文化・米の文化にこだわり暮らしています。
今は、欧米中心の文明史観に陰りが見えていますが、森と水の循環を維持し、生物の多様性を維持する自然に優しい農耕地帯が、白神山地の里のこの地区の大きな風土と思っていますが、多くの方々がこの地を訪ね、そのことを体感する植林をしてもらうプロジェクトを、多くの皆さまと共に進めたいと思っています。

【解決する方法】
私たちの地区の中心部を、赤石川が流れています。この川の川上には白神山地の核心部分があり、そのど真ん中に私たちの地区があります。昭和20年に鉄砲水が発生し、一ツ森地区の隣の大然集落がほぼ全滅しました。その為に、青秋林道建設阻止で広大なブナ林の伐採がストップしましたが、その後放置された箇所に広葉樹の森を植林し、元のブナ林を復元・再生しようという植樹祭を行っています。この植樹祭に、参加とご支援をお願いします。

【プロジェクトのもたらす長期的成果】
白神山地で行われているこの植樹祭は、今まで一回も絶やさず続けてきたのですが、2015年、自然災害で全道路が決壊し、14回目は中止しました。是非、この15回目の植樹祭を2016年から再開していきたいと考えます。また、今まで植樹してきたおよそ3万本の苗木を増やして、落葉広葉樹のブナ林を次世代に残していきたいです。

【遂行メンバーや受益者からのメッセージ】
支援者の皆様から頂く寄付金が、白神山地のブナの森を育む活動に有効に使わせていただくことをお約束します。私たちは、皆様の真心こもった寄付金を、広葉樹の苗木作りと植林活動に活用させていただきます。
是非、この白神山地のブナの森復元・再生活動を通して、多くのステークホルダーの皆様が生まれ、そのネットワークが広がることを祈っています。ご協力・ご参加のほど、宜しくお願いします。

【寄付によって達成できること】
1000円あれば5本の苗木を植えることができます。

 

お申し込みはこちら

http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=pm&pmk=10435

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です