人権平和, 子供・青少年, 子供病院, 寄付

【海外発!Breaking News】総額2,000万円以上 30年間チップを子供病院に寄付し続けた靴磨き職人の男性(76)この世を去る(米)<動画あり>

Pocket

些細なことであっても積み重なれば大きな変化となる。それを“優しさのギフト”という形で遺してくれたのは、30年以上にわたり靴を磨き続けてきた男性だった。このほど76歳で逝去した男性が、子供たちのためにと遺したチップの総額は日本円にして2,000万円以上にものぼったという。『TODAY』などが伝えている。

米ペンシルベニア州南西部にあるUniversity of Pittsburgh Medical Center’s Children’s Hospital(UPMC チルドレンズ・ホスピタル・オブ・ピッツバーグ)で、30年以上にわたり靴磨きを続けてきたアルバート・レクシーさんが10月16日にこの世を去った。

アルバートさんは、火曜日と木曜日にバスを3つ乗り継いで自宅からピッツバーグのこの子供病院へと1時間半かけて通い、15歳の時に高校のショップクラス(DIYやクラフト、安全な機械作業の基礎を学ぶ授業)で作った靴磨き用の箱を使って、1回3ドル(約340円)で病院スタッフや来院者の靴を磨き続けてきた。靴をピカピカに磨き上げる仕事に喜びを感じていたアルバートさんだったが、稼ぎは年収にしてわずか10,000ドル(約112万円)程度にしかならなかった。それでも客から貰ったチップの全てを貯めて、子供病院に寄付し続けてきたという。

このほど、アルバートさんがこれまでに寄付してくれたチップの総額が202,000ドル(約2,270万円)に上ったことが明らかになった。アルバートさんは1982年に仕事を始め2013年12月に退職したが、仕事を辞めた時点で寄付金額は202,000ドルに達していたそうだ。

病院長は「彼は、小さな親切行為が何百万人もの人々に影響を与えるという完璧なお手本といえる人物でした」とアルバートさんの地道な、そして寛大な行為を称賛した。また、モネッセン市の元市長で現在80歳になっているルイス・マヴラキスさんは、子供の頃からアルバートさんを知っている1人であり、

アルバートさんが靴磨きの職人として仕事を始めた時のことを覚えていた。

「彼は、靴を磨くことが本当に好きだった。町の人々の靴をピカピカに磨いたら今度はヒッチハイクでもしてどこへでも靴磨きに行くほどの情熱を持って仕事をしていたね。車を持たず、贅沢とは無縁な人だった。いつでもバスに乗ったり歩いたり、時にヒッチハイクしたりしてみんなの靴を磨いていたんだ。私は彼ほど無欲な人間を見たことがないよ。」

ピッツバーグ郊外で死去したアルバートさんの76年の功績は、非常に大きなものだった。2006年には最も思いやりに溢れるアメリカ人として「Hall of Fame for Caring Americans」の殿堂入りを果たした。また、2010年に米誌『People』で地域活動に貢献した1人として取り上げられると、メジャーリーグ・オールスターゲームでも「私たちの周りにいるオールスター(All Stars Among Us)」として表彰された。またアメリカでは史上最高のトーク番組と評価されている『The Oprah Winfrey Show(オプラ・ウィンフリー・ショー)』にも出演した。

しかしアルバートさんは、名誉や称賛を一切気にすることはなかった。彼の心の中にいつもあったのは、「病気の子供たちに元気になってほしい」という願いだけだった。30年以上にわたりひたすらチップを寄付し続けてきたアルバートさんの思いはかけがえのないギフトとなり、20万ドルという金額だけでは換算できなほどの喜びと感動を周囲にもたらした。日本円にして総額2,200万円を超えるこのお金は、ピッツバーグエリアで無保険や保険不足の子供たちの医療ケアを提供する子供病院の基金「Free Care Fund」へと全て寄付されている。

子供たちを思い、優しさと寛大さの素晴らしい遺産を残してくれたアルバートさん。このニュースを知った人からは「なんて素晴らしい人なんだろう」「アルバートさんにインスパイアされて、こういう人が世の中にもっと増えるといいね」といった声があがっている。

引用先:http://japan.techinsight.jp/2018/10/ellis20461021.html/2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です