子供・青少年, 寄付, 洪水被害, 環境問題, 緊急災害, 西日本豪雨, 震災支援

「優しさ分けたい」出演料寄付 映画主演の埜田進君 子ども募金などに6万円

Pocket

 沖縄県出身の映画監督・仲村雅国さんが制作中の映画「Challenged~ある不登校の物語」に主演する、愛知県安城市の小学6年生・埜田進(のだすすむ)君(12)が8日、自らの映画出演料からりゅうちゃん子どもの希望募金、北海道地震と西日本豪雨の被災地へ向けた義援金へ2万円ずつの計6万円を寄付した。

寄付のため同日、那覇市泉崎の琉球新報社を訪れた埜田君は「看護師さんの優しさに感動した。沖縄で経験した優しさをみんなに分けて、困っている人を助けたい」と話した。子どもたちや被災地などへの寄付について「食料や生活に必要な物が行き渡るようになってほしい」と強調した。

 今回の寄付は8月に映画と関連した動画を県内で撮影中、埜田君が熱中症になった際の体験がきっかけ。最初に訪れた病院は精神科だったため対応できず、別の病院へ移動することになった。その際、精神科病院の看護師が自らの負担で経口補水液を買い、埜田君へ渡したという。将来は俳優や映画・映像制作などに関わる仕事を目指しているという埜田君。「誰かがまた温かい気持ちになって、困っている人を助けてくれたらいい」と思いを込めた。

引用先:https://ryukyushimpo.jp/news/entry-818634.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です