ユニセフ, 人権平和, 動物愛護, 国際協力, 寄付, 環境問題, 街づくり

ローラがユニセフに1000万円寄付も批判殺到 ”藤原紀香みたいになりつつある”との声も

Pocket

ローラ、ユニセフイベント参加で1,000万円寄付を報告も、「税金対策!」「海外セレブのまね」とアンチから批判殺到

モデルのローラが8月12日にInstagramを更新。ファンに向けてユニセフのイベントに参加したことを報告し、続けて、1,000万円を寄付したことを明かし話題となっていた。

イタリアで行われたユニセフのイベントに参加したローラ。同日の投稿では「わたしはいま頭の中が子供達や動物の幸せと地球をまもることでいっぱいです。それと調べるほど許せないこともたくさんあり、悲しい気持ちになります」と告白。さらに「今回は自分ができる事として1000万円を寄付する事にしました。まだまだ足りないです。何をするために生きているか何をしないといけないか冷静に考えて自分の感情を信じて生きて行こうと思います。リスクがあっても嘘のない、人にとっても地球にとっても幸せが続くことに精一杯力を注いで頑張っていきたいです」と綴った。

最近では環境問題や動物愛護など、社会問題に取り組む姿勢を見せているローラ。それがあってか、今回の1,000万円もの多額の寄付に「素晴らしいことです!」「これは普通にすごいことだし、偉いと思う!」と賞賛の声が上がっていた。しかし、一方で、慈善活動に精を出すローラを快く思わない人もいたという。

「同投稿のリプライには賞賛するファンの声が上がっているのですが、ネット掲示板などではアンチから『税金対策だろ』『寄付して仕事をして、寄付分取り戻すつもりだろ』『結局金で解決かよ』などといった声が上がっており、ローラさんの慈善活動は表向きだけと思っている人がいるようです」(芸能記者)

また、「キャラ変えようと必死すぎる」という指摘もあるようで、

「元々明るいおバカキャラだったローラさんですが、事務所契約問題が起こってからはそのキャラは抑え気味。『キャラ脱却しようと必死だ』と見る人たちもいるよう。ローラさんが自己プロデュースすることには賛成との声があるのですが、やってる内容には『やることなすこと海外セレブのまねっこって感じ! 正直ダサい(笑)』『藤原紀香みたいな芸風になりつつある。特に代表作もないのに妙にセレブ芸人ぶるというか……』といった声もありました。また、『ジャニーズみたいに被災地で炊き出しすれば安く好感度稼げるのに』との嫌味なアドバイスも。ネット掲示板を見ているとかわいそうになる言われようです」(同)

今年5月にプラスチック問題について言及したローラ。だがその後、やたらとプラスチック容器を使った食品を写した画像を上げ、「お前は結局口先だけだな!」とひんしゅくを買っていたこともあるだけに、今回の発言は大丈夫なのだろうか。

引用先:https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12122-172737/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です