ミカン農家, ミカン農業, 寄付, 洪水被害, 緊急災害, 西日本豪雨

ミカン復興にネット寄付=週内にも募集-愛媛県宇和島市

Pocket

愛媛県宇和島市が、西日本豪雨で甚大な被害を受けたミカン農業の復興に向け、インターネット上で不特定多数の人から寄付金を募る「クラウドファンディング」を検討していることが24日、分かった。民間サイトに専用ページを開設し、早ければ週内にも募集を始める。計画などによると、市はサイト運営会社に被害情報を提供するなど協力。ミカン農家の被災状況をサイト上で紹介し、共感した支援者が寄付すると、農家からミカンなどの返礼品が贈られる仕組みだ。
宇和島市は県内有数のミカン出荷量を誇り、中でも同市吉田町は「愛媛ミカン発祥の地」とされる。JAえひめ南によると、今回の豪雨・土砂被害で、管内の約2000ヘクタールのかんきつ類の畑のうち、23日時点で約130ヘクタールの被害を確認。被害額は約12億8600万円を見込む。
畑へ向かう農道が崩壊するなど被災状況が確認できていない箇所もあり、被害規模は膨らむ見通しだ。

引用先:https://www.jiji.com/jc/article?k=2018072400859&g=oeq

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です