人権平和, 寄付, 洪水被害, 精肉店, 緊急災害, 西日本豪雨

「募金ハンバーグ」を限定発売…売り上げ全額寄付へ 京都の精肉店

Pocket

京都や滋賀で精肉店を展開するやまむらや(京都市)は、西日本豪雨の復興支援の一環で、売り上げ全額を日本赤十字社を通じて被災地に寄付する「募金ハンバーグ」(1個150グラム・税別500円)を3カ月限定で発売した。

今回の豪雨で同社の店舗に被害はなかったものの「被災でバーベキューを中止したいという企業のお客さまもおられ、もはや人ごとではない」として、募金につなげることにした。

同社は、受験の不合格通知を店頭に持参した客にステーキを贈呈するなど、ユニークな取り組みを相次ぎ展開。今月14~20日には京都市営地下鉄の車内に、牛肉の割引券などが付いた吊り広告を約3千枚出した。

引用先:https://www.sankei.com/west/news/180723/wst1807230015-n1.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です