スイーツ, 子供・青少年, 故郷納税, 街づくり

ふるさと納税でスイーツ開発 稲敷市、江戸崎総合高と連携 市の特産品を使い製品化へ

Pocket

稲敷市は、地元の県立江戸崎総合高(同市江戸崎)の生徒と連携し、市の特産品を使ったスイーツの開発に乗り出す。

ふるさと納税の寄付金で自治体の事業を実現させる「ガバメントクラウドファンディング」に参加し、108万円を目標に寄付を募っている。レシピを完成させ、市内の菓子店での製品化を目指すという。

稲敷市には、江戸崎かぼちゃや浮島れんこんなどの特産品はあるが、手土産品となる加工食品はあまりなかった。こうした背景を受けて、江戸崎総合高の生徒と協力し、市のPRにつながるスイーツの開発に取り組む。市内の菓子店が活用できるレシピを公開するほか、ふるさと納税の返礼品としても扱う考え。

寄付は、ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」を通じて10月1日まで受け付けている。1万円以上を寄付した市外在住者には、県産コシヒカリ15キロが贈られる。

引用先:https://www.sankei.com/region/news/180618/rgn1806180028-n1.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です