ボランティア, 人権平和, 子供・青少年, 寄付, 生活困窮

WFPチャリティーエッセイコンテスト2018作品募集 応募1作品が給食4日分の寄付に

Pocket

国連世界食糧計画(WFP)を支援する認定NPO法人、国連WFP協会は「WFPチャリティーエッセイコンテスト2018」を実施し、小学4年生から大人まで幅広い世代の方々から作品を募集します。
応募1作品につき、給食4日分(120円)が、寄付協力企業より寄付され、途上国の学校給食支援に役立てられます。国連世界食糧計画(WFP)を支援する認定NPO法人、国連WFP協会は「WFPチャリティーエッセイコンテスト2018」を実施し、小学4年生から大人まで幅広い世代の方々から作品を募集します。
応募1作品につき、給食4日分(120円)が、寄付協力企業より寄付され、途上国の学校給食支援に役立てられます。

テーマは「おなか空いた、なに食べよ!」。誰もが感じたことのある空腹感や、その時心に浮かんだ食べ物など、食にまつわる体験、思いを自由につづって頂きます。

本コンテストは2004年から開始し、今年で15年目。生きるのに欠かせない「食」について考えるとともに、食べることすらままならない子どもたちにも想いを巡らせてもらうことが狙いです。昨年は1万9075通の応募があり、7万6300人の子どもたちへ給食を届けることができました。

世界で8億1,500万人が飢えに苦しむ中、国連WFPは毎年、途上国の子どもたち約2000万人に学校給食を提供しています。給食は子どもの登校を促し、勉強への意欲を高め、将来希望する職業に就く可能性を拓きます。およそ30円で、子どもに1日分の給食を届けることができます。

<開催概要>

【テーマ】 「おなか空いた、なに食べよ!」
【題名】 自由
【部門】 1.小学生部門(4・5・6年生) 2.中学生・高校生部門 3.18歳以上部門
【募集期間】 2018年7月1日(日)~9月7日(金)〔締切日必着〕
【応募方法】 本文200字~800字(題名、学校名、学年、氏名は原稿用紙欄外に記載)。
1ページの文字数は20字×20行。応募は日本語で、1人1点、未発表作品に限ります。

応募票に必要事項を記入のうえ作品に添付し、下記宛先に送付してください。
【お問い合わせ・作品送付先】 WFPエッセイコンテスト事務局
TEL: 03-3980-9030 ※10:00~12:00/13:00~18:00(土日祝日を除く)
〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-17-8 NBF池袋シティビル8F ポパル気付

※オンラインでの応募も可能です。ウェブサイトをご確認ください。
■WFPエッセイコンテスト専用ウェブサイト:http://www.wfpessay.jp/2018/

【各賞】 1.WFP 賞(最優秀作品)1名 2.各部門賞 1名ずつ 3.審査員特別賞 各部門1名
4.佳作 各部門5名 5.WFP学校給食賞(応募数上位の学校・団体)

【発表】 2018年10月12日(金)に専用ウェブサイトで発表予定。

【賞品】 WFP 賞・部門賞・審査員特別賞受賞者には表彰式で賞状と賞品を進呈。佳作受賞者には郵送。WFP学校給食賞受賞校・団体には賞状を郵送。

※入賞作品の一切の権利は主催者に帰属するものとし、応募作品は返却いたしません。

 

引用元:https://www.jiji.com/jc/article?k=000000226.000009064&g=prt

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です