生活困窮

犬猫100匹を保護・飼育するカップル、結婚資金も飼育費に

Pocket

ホーチミン市内で活動する若者のグループ「犬猫保護サイゴンタイム」は、約100匹を超える捨て犬や捨て猫を保護し、飼育している。メンバーの1人であるチャン・ウエン・ニューさん(1991年生まれ)は2015年8月からグループの活動に加わり、現在まで活動を続けている唯一のメンバーだ。

元々は別のメンバーがグループを発足して捨てられた犬や猫を保護し飼育していたが、その後様々な理由から活動を継続することが困難になったという。

現在はニューさんのほかに、カインさんとトゥアンさんの計3人で6区とビンチャイン郡にある2つの施設で犬85匹、猫45匹の世話をしている

 

犬猫はそれぞれケージに入れられ、メンバーが食事や風呂の準備や清掃を行う。犬猫たちの食事に1日約8kgの米を消費し、最近保護したばかりのハスキー犬2匹は生の鶏肉しか口にしないという。

ニューさんによれば、1か月にかかる費用は餌代と診療費でおおよそ1000万~1500万VND(約4万8000~7万2000円)にのぼり、ニューさんが本業でオーナーを務めるウェディングドレススタジオの売上から捻出したお金と、寄付金で賄っている。

「大変は大変ですよ、特にあの子たちのために使えるお金が足りない時なんて。寄付も募れないような時はメンバーがそれぞれ両親に頼み込んでお金を工面しているんです」とニューさん。

 

ニューさんたちに保護された犬猫は、飼い主に捨てられ食べ物を求めて放浪し、砂利さえも口にしていたものや、両目とも視力を失ったもの、脚が不自由なもの、体に深い傷を負ったものなど、いずれもとても不憫な境遇にあった。

保護した犬猫は、まず獣医の診察を受けて必要に応じて治療をする。症状が軽ければメンバーの元で療養させるが、場合によっては治療費が5000万VND(約24万円)近くに達することもある。

ニューさんたちは保護した背景や外見の特徴に因んで全ての犬猫に名前を付けている。飼育数は100匹を超えるにもかかわらず、ニューさんは全ての犬猫のエピソードを鮮明に覚えている。

 

ニューさんが一番印象に残っているのは、メコンデルタ地方カマウ省でビーグル犬のつがいを保護した時のことだ。飼い主が高齢になったオス犬を殺処分しに連れて行こうとしたところ、メス犬が何としてでも付いて行こうとしたため、2匹まとめて殺処分しようとしていたのだという。その情報を得たニューさんたちは、詳しい住所も分からないまま、グーグルマップを頼りにカマウ省に向かい、間一髪で2匹の命を救うことができた。

ニューさんとメンバーのカインさんは、10年間交際している恋人同士で、結婚資金を貯めていたが、そのお金も可愛い子たちのために使った。結婚は延期せざるを得なくなった2人だが、今も楽しく犬猫の世話をしている。

そして忙しい世話の合間に、近いうちに来るであろうニューさんとカインさんの人生最大のイベントにかわいい子たちもおめかしして出席できるようにと、全ての犬猫に衣装を用意しているという。

 

引用元:https://www.viet-jo.com/news/special/180526004318-2.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です