環境保全

仮想通貨でネコを救う!「スマホでコネコ募金」

Pocket

日本発の仮想通貨SAKURA BLOOM(SKB)は、猫の保護を目的とする活動においてNPO法人の東京キャットガーディアンとパートナーシップ契約を締結すると発表。

仮想通貨SKBは、セキュリティーの高いEthereum Block Chain Platform ERC20 トークンとして、「ポイント」「割引券」「商品券」等を利用する利用者(国内外の日本人、外国人、全ての利用者)へ向けたサービスコイン。

一方、東京キャットガーディアンは、行政などから猫を引取り、飼育希望の方に譲渡する活動並びに地域猫活動を行っています。日本初の保護猫カフェや移動型譲渡会場車~幸せの黄色い車~を運営している。

支援第一弾のイベントとして、2018年4月28・29日に幕張メッセで開催されるニコニコ超会議2018内のネコネコちょい会議ブースにて、SKBによる寄付を行うイベント「スマホでコネコ募金」を行うようだ(アンケートの御礼として配布したSKBを使って、気になるネコのQRコードにSKBを寄付する形式)。今後はこの寄付活動をWEBサイトや移動譲渡を行う「幸せの黄色い車」に拡げていく予定となっている。

 

引用元:https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201804110320

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です