子供・青少年, 文化・芸能・スポーツ

【ソフトバンク】柳田、1発30万円寄付へ「少しでも手助けできれば」

Pocket

 ソフトバンクは29日、柳田悠岐外野手(29)が1本塁打につき30万円を福岡市の特定非営利活動法人「SOS子どもの村JAPAN」に寄付すると発表した。開幕を前に「ホームランをたくさん打ちたい。キャリアハイを目指したい」と2015年の34本塁打以上を約束。達成すれば1000万円以上の寄付となり、子供たちを笑顔にできる。

 

 今季から始める慈善活動について「経済的な理由でやりたいことができないのはもったいない。少しでも手助けできれば。子供には無限の可能性がある」と明かした。「子供たちのためにも、チームの日本一のためにも貢献したい」と誓った“タカの足長おじさん”が開幕戦からアーチを描き続ける。

 

引用元:http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20180329-OHT1T50312.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です