女性

雇用創出でシングルマザー支援 「結転生(ゆいまーる)基金」

Pocket

 沖縄県の子どもの貧困問題改善に向けて、シングルマザー支援のための「結転生(ゆいまーる)基金」を琉球大学が創設した。母親の雇用を創出することで、「貧困の連鎖」からの脱出を支援していく。

 同県は母子のみの世帯率が3.06%と全国で最も高く、母子家庭の74.8%(全国平均64.0%)が200万円未満の年間就労収入で暮らす。非正規雇用の従業員比率が全国1位(44.5%)という厳しい環境が教育格差を生み、29.9%という全国一の子どもの貧困率につながっている。

 

 地元の人材育成を担う教育機関として同大は2月15日に「結転生基金」を設立し、一般から寄付の募集を始めた。基金を活用し、4月からシングルマザー2人を有期雇用(5年間)の非常勤職員として採用することを目指している。

 

 「広く浅く継続的」な協力を呼びかけ、600万~1000万円を目標額とする。「結(ゆい)が連綿として転生(まーる)していく」という基金の名称には「この基金で支援を受けた女性の子供が、将来基金に寄付をしてほしい」といった思いが込められている。

 

 採用された女性には、資格を取るなどして正規雇用へのステップとしてもらうと同時に、成績優秀者は同大での正規職員登用も図る。さらに、その子どもには、学力向上のためのサポートも実施。同大も参画する「大学コンソーシアム沖縄」が運営する「子どもの居場所学生ボランティアセンター」の協力で、修学支援などを予定している。

 

 大学が地元のシングルマザーを支援するのは同大が初めて。福治友英理事は「地元の教育・学術界を担っている大学として、また県内の大企業に匹敵する雇用の機会を提供できる機関として、沖縄の現状は看過できない。経済格差の是正から始め、貧困の連鎖を断ち切りたい」と話している。

 

お申し込みはこちら

琉球大学結転生(ゆいまーる)基金について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です