未分類

世界ランキング20位のティーンエイジャーが子供たちをサポートする理由

Pocket

フェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)は、テニスの世界ランキングトップ50内で最年少の19歳。だが彼はすでに、次の世代を担う子供たちへのお手本として活動を始めている

2月にオジェ アリアシムは、父親の出身地であるアフリカのトーゴ共和国での子供たちの保護と教育推進のためのEduChangeというプログラムに、今シーズンの間1ポイント取る毎に5ドル(約534円)を寄付すると発表。

そして先日、「アフリカの子供たちのためのインターナショナル・デー」という動画の中で、2019年に得たポイントも数えていることを明かした。

 

「去年得たポイントの分も今年寄付するよ。今日で3,000ポイントを少し超えたんだ。もっと多くポイントを取って、僕と家族がプロジェクトにさらにたくさんのサポートをするためにも、ツアーが再開される日が待ちきれないよ」

 

現在世界20位の彼は、子供たちをサポートすることが世界の将来を良くするためにとても重要で、自分がその一役を担っていると信じている。

 

「スポーツと学校は、子供たちの価値観を育てる役に立つ。教育をサポートすることは、将来のリーダーを育てることに繋がるんだ。次の世代の子供たちに対して、いいお手本となりたい。周りの人々が学校へ行き、スポーツをする姿を見れば、モチベーションになる。ポジティブなモチベーションだ」

 

オジェ アリアシムは、自分が子供たちをサポートできる立場になれたら、きっとそうしようとずっと思ってきた。

 

「できるだけたくさんの子供たちにチャンスをあげたい。学校へ行くチャンスを、スポーツをするチャンスを」とオジェ アリアシム。「これは僕にとって、人生の基本なんだ。そして世界に広げていきたい。僕が最初にサポートとエネルギーを送りたいと思ったのはトーゴ共和国だったんだ」

 

引用元:https://www.excite.co.jp/news/article/The_tennis_daily_41152/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です