3.11 東日本大震災, 緊急災害

日本赤十字社、義援金は ”全額” 被災された方々へ

Pocket

日本赤十字社および中央共同募金会などの義援金受付団体は、東日本大震災義援金を受け付け、皆さまから多くのご支援をお寄せいただきました。

 

お寄せいただいた義援金は、手数料などをいただくことなく、全額を被災都道県に設置された「義援金配分委員会」を通じて、被災15都道県の被災された方々へお届けしています。

 

なお、15都道県対象の義援金の受け付けは、平成26年3月31日をもって終了し、全額を被災都道県へ送金しました。

 

また、日本赤十字社は、平成26年4月1日以降も引き続き東日本大震災義援金の受け付けを行い、岩手県・宮城県・福島県・茨城県の被災者にお届けします。

 

皆さまからの温かいご支援に感謝申し上げるとともに、今後とも引き続きのご協力を、よろしくお願いいたします。

 

日本赤十字社では、義援金の取扱いについての透明性を確保するため、東日本大震災義援金収支計算書(自 平成23年3月14日 至 平成26年7月7日)について、これまでの国際監査基準に基づく監査に代えて、国内においても監査基準の改訂により、義援金のような特別目的の財務諸表等を対象とした監査が可能になったことから、新日本有限責任監査法人による国内の監査基準に基づく監査を受けています。

 

今後も適宜監査を受けるなどして、義援金の公正な取り扱いに努めて参ります。

 

お申し込みはこちら

http://www.jrc.or.jp/contribute/help/_27331/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です