未分類

週刊少年チャンピオン、チャリティーオークションの収益およそ1,000万円を全国の児童施設へ寄付

Pocket

秋田書店 週刊少年チャンピオン編集部は、2019年6月に実施した「週刊少年チャンピオン50周年! 歴代作家が集合!! チャリティーオークション!」で集まった収益金9,621,630円を「赤い羽根共同募金」を通じて、放課後児童クラブなど、子どものため の福祉活動に寄付をいたしました。

 

創刊50周年記念のチャリティーオークションに、人気漫画家13名の協力を得て約50点のレアアイテムを出品
2019年7月に創刊50周年を迎えた少年向けコミック誌「週刊少年チャンピオン」は、半世紀分の感謝の気持ち を読者のみなさま、これからの未来を担う子どもたちにお届けしたいと、2019年6月に「ヤフオク! reU funding」にて、チャリティーオークションを企画。「週刊少年チャンピオン」にゆかりのある人気漫画家13名 の協力を得て実施いたしました。

オークションには、週刊少年チャンピオンの50年間を彩ってきた貴重な生原稿や、人気作品に出演できる権利 などのレアアイテム、約50点の商品を出品。多くの支援を集めることができ、最終的に当初目標の232%、トー タル11,609,432円の売上を達成いたしました。

 

◆「週刊少年チャンピオン50周年! 歴代作家が集合!! チャリティーオークション!」に
賛同、ご協力くださった先生方(五十音順)

荒達哉先生、石黒正数先生、板垣恵介先生、板垣巴留先生、車田正美先生、つのがい先生、永井豪先生、中村勇志先生、西修先生、浜岡賢次先生、盆ノ木至先生、米原秀幸先生、渡辺航先生

◆放課後児童クラブとは
放課後児童クラブは、学童保育とも呼ばれる活動で、共働きなどを理由に保護者が昼間家庭にいない子どもたちに対し、「安全な生活を送れるように」という願いを込めて全国につくられた施設・サービスです。
しかし、全国の多くの施設では、子どもたち一人ひとりが使うおもちゃや遊具が、十分に整備されているとは言えない状況があります。また、子どもたちの生活をより豊かにするために行われる、クリスマス会など季節の行事や、学習活動を実施する費用にも支援が必要とされています。

 

引用元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000086.000040601.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です