緊急災害

ガザ緊急支援募金

Pocket

2014年度の大規模な空爆では、多くの市民が犠牲になりました。封鎖されたガザで、医療や食糧を支援するための支援を行っています。

 

【プロジェクトが解決しようとしている社会課題】
2009年、2012年に続いて、2014年7月~8月にも、パレスチナ・ガザは大規模な軍事侵攻を受けました。170万人が住むガザは周囲を封鎖され、人も物も出入りが厳しく制限されています。停電と断水が続き、今も医薬品も不足するなか、多くの家族が安全な居場所を求めていますが、ガザ中が空爆されている中で、どこにも安全な場所はありません。2014年の軍事侵攻では2,251人が犠牲になり、そのうち551人が子どもでした。負傷者は11,000人以上におよびました。

【解決する方法】
この人道的な危機に対して、可能な限りの支援を進めたいと思います。

【プロジェクトのもたらす長期的成果】
ガザの人口の半数は15歳以下の子どもたちです。子どもたちの身体的精神的なケアが、中東の平和を作り出す大きな基盤となります。

【遂行メンバーや受益者からのメッセージ】
当会のブログとFacebookで現地の市民の声を逐次更新しています。

【寄付によって達成できること】
・5000円で1家族10人の1週間分の質素な食糧が買えます。
・1000円で1家族10人の1週間分の飲料水が買えます(水道水は飲めないから)

 

お申し込みはこちら

http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=pm&pmk=10032

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です