子ども, 子供・青少年, 学費支援, 寄付

防弾少年団 ジン、人知れず続けた善行が話題…寄付金総額1千万円超えで「UNICEF HONORS CLUB」会員に OSEN

Pocket

防弾少年団のジンがユニセフに寄付した金額が総額1億ウォン(約1000万円)を超え、「UNICEF HONORS CLUB」の会員になった。

 

「UNICEF HONORS CLUB」は世界の子供たちのためユニセフ韓国委員会に1億ウォン以上を寄付した後援者たちの集まりだ。アジアの子どもたちの教育のため100億ウォン(約10億円)を後援したパク・ヤンスク女史をはじめ、ユニセフ親善大使キム・ヨナ、ユニセフ韓国委員会の親善大使である故アンドレ・キム、親善大使アン・ソンギ、特別代表ウォンビン、アモーレパシフィック会長ソ・ギョンベ、ファッショングループヒョンジ会長チェ・ビョンオ、東西食品会長キム・ソクスなど、各界の人々が会員になっている。

昨年5月から毎月一定の金額を寄付してきたジンは、これまで周囲に寄付の事実を知らせなかったが、「良き影響力は分け合うほど大きくなる」ということに同感し、「HONORS CLUB」加入を公開することになった。

ユニセフ韓国委員会のイ・ギチョル事務総長は「希望的なメッセージで世界の青少年の模範になっている防弾少年団のジンさんの意義深い寄付に感謝する」とし、「今回の寄付が多くの若者が参加に関心を持つきかっけになることを期待する」と話した。

防弾少年団と所属事務所Big Hitエンターテインメントは、2017年11月からユニセフと共に「自分を愛そう」というメッセージを盛り込んだ「LOVE MYSELF」キャンペーンを進めてきた。「LOVE MYSELF」は全世界の児童と青少年を暴力から保護するユニセフ&バイオレンス(#ENDviolence)キャンペーンを後援し、寄付と共に多様な活動を行う。

6月1日と2日、ロンドンのウェンブリー・スタジアムで開かれる防弾少年団のスタジアムツアー「LOVE YOURSELF:SPEAK YOURSELF」でも、ユニセフブースを通じてキャンペーンのメッセージを伝える予定だ。

 

引用元:http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2118461

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です